So-net無料ブログ作成

少女達は何処へ [雑記]

 とはいっても、今の若い人達のことではない。グループサウンズのオックスのライブCD、あの会場で「ガールフレンド」を「星よ星よ」と合唱していたあの子達である。
 今「あの子達」と書いたが、オックスの活動時期から考えれば私より一周り年上、どう考えても現在歳位だと思われる。しかしCDやオンライン配信で聞かれるその声、歌い方は、現在のああいったライブでの歓声と全く変わらないのだ。
 よく話題になることで、「サザエさん」の波平と舟が五十代というのがある。つまり、私より歳下なのだ。また、「ガンダム」のカマリア・レイはまだ生まれていない筈である。しかしその感性は、どう考えても私より歳上に見える。
 多分私は、「年齢同一性障害」なのだろう。還暦を過ぎても感覚は学生時代と全く変わらず、鏡を見て愕然とする日々を送っている。にもかかわらず、オックスのライブの少女達の声は、どう聞いても歳下、つまりは(元教員だった私の)生徒達のそれだ。こういう時、年齢感覚というのが本当に当てにならないものだと思う。
 さて、あの少女達は今、何処にいるのだろう。ほとんどが存命だと思われるので、会って一緒にこのライブCDを聴いてみたい。その時彼女が何を語ってくれるのか、どうも何とも興味が尽きないのである。

nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。